募集強化中

データサイエンティスト

株式会社アイシン

  • 機械学習
  • Deep Learning
  • 画像認識
  • 画像処理
  • 画像生成
  • センサー情報
  • 時系列データ
  • C
  • C++
  • Python
  • Windows
  • Ubuntu
  • AWS
  • Docker
  • TensorFlow
  • Keras
  • PyTorch
  • Machine Learning
  • Image Recognition
  • Image Processing
  • Image Generation
  • Sensor information
  • Time series data
  • ⁨¥⁩⁨450万⁩ 〜 ⁨1000万⁩
  • 東京都
  • 自動車・乗り物
  • 10,000名以上
  • Home Page

会社情報

アイシンは、自動車業界におけるCASE(自動運転、コネクティッドカー、シェアリング、電動化)による技術革新に対応し、AI技術を活用して次世代のモビリティ社会を実現することをミッションとしています。自動車に使用される重要な技術を提供し、自動車のみでなく製造業、IT、ソフトウェアなど様々なバックグラウンドのメンバーが在籍し、最新技術動向などをキャッチアップしやすい環境であり、自動車業界における社会的意義の大きな開発テーマに挑戦しています。

仕事内容

AIを含む技術開発を通じて、自動車のCASE領域において市場価値の高い製品・サービスを開発し、自動運転時代の新サービスや物体検知アルゴリズム開発、自動緊急ブレーキ開発、自動バレー駐車開発などのプロジェクトに携わります。C,C++,Pythonなどの言語やTensorflow,Keras,PyTorchなどのツールを使用し、自動車業界におけるAI技術の開発に貢献します。

募集概要

【お任せする業務】 CASE領域において、市場価値の高い製品・サービスを開発するためのAIを含む技術開発をお任せします。直近商用化する予定のものから、将来に向けての技術開発まで、様々な時間軸のプロジェクトが並行して走っています。以下いずれかのグループへの配属となります。・アウトカーグループ:走行領域への技術提供(走行制御システムと連携した機能開発)・インカーグループ:車体領域への技術提供(車室内監視システムと連携した機能開発)・ユニバーサルグループ:各領域で必要となる基盤技術提供●具体的には商品開発部門と協業し、以下のようなプロジェクトを担当いただきます。・「自動運転時代の新サービス:おもてなし」プロジェクト…AIを活用して車室内外の人の状態推定を行うことで、より快適な乗車を提供するシステムの研究・開発・「物体検知アルゴリズム開発」プロジェクト…自動運転に必要なディープラーニングを活用した高精度かつ軽量な物体検知モデルの開発・「自動緊急ブレーキ開発」プロジェクト…車両周辺の対象物(歩行者など)の正確な位置、移動方向・速度、行動などを把握するために必要な技術の開発・「自動バレー駐車開発」プロジェクト…スマートフォンの操作による完全無人での自動駐車を実現するシステムの研究・開発●使用言語、環境、ツール等使用言語:C,C++,Python環境:Windows,Ubuntu,AWS,Dockerツール:各種DLフレームワーク(Tensorflow,Keras,PyTorchなど)

必須スキル

・機械学習、Deep learningの基礎知識

歓迎スキル

・画像認識・画像処理・画像生成に関する知識 ・Deep learningのモデル構築~実装経験 ・センサー情報や時系列データを扱ったご経験 ・自動車、電機など製造業での職務経験

※ 最新の募集情報を掲載するようにしていますが、 募集情報に誤りを発見された場合にはこちらのリンク先のお問い合わせページにてご連絡をお願いいたします。

データサイエンティスト

株式会社アイシン

応募する 話を聞いてみたい ※応募する / 話を聞きたいボタンを押すと、企業やLabBase転職運営から連絡が来る可能性があります。

このジョブに似ている求人